MENU

事業承継・M&A|会計法務税務のご相談は東京新宿区のあると綜合事務所へ

事業承継・M&A

事業承継を行うにあたっては、後継者を選定し、後継者に自社株を承継させていかなければなりません。

お子様等に承継することをご検討中の場合では、経験不足等を懸念されるかもしれません。

そのような場合には本業自体についてはオーナー様がサポートし、本業以外のバックオフィス的な業務に関しましては私たち専門家がサポートいたします。

 

また、自社株を承継させる場合には、株価の算定が重要になります。

税理士がより良い方法を提案し、スムーズに株式を承継させられるようにサポートいたします。

 

M&Aをしていく中で様々な手段がございます。

 

グループ会社や他人の会社を吸収をしたり(吸収合併)、グループ会社や他人の会社の一部の事業を分割して、御社に吸収させたり(吸収分割)、御社の事業の一部を切り出して、別の会社にしたり、他人の会社に譲渡したり(新設分割)、御社のグループ会社の株主をまとめるためにホールディングカンパニーを設立したり(株式移転)、他人の会社を全ての株式を取得することにより、経営権を取得したり、様々な方法がございます。

 

どの方法がもっとも良いのか、手続面、税務面、法律面等あらゆる角度から、司法書士、税理士、弁護士が一体となってご提案いたします。

 

また、それぞれの方法において、多くの手続や書類が必要になります。

それら全てをサポート致しますので、ご安心してご相談ください。

業務案内

PAGETOP