MENU

相続|会計法務税務のご相談は東京新宿区のあると綜合事務所へ

相続

相続が発生した方へ ~相続税申告から名義変更までトータルサポート~

相続手続きの流れ

あると綜合事務所では、遺産分割協議・遺言等に関する法律手続き、相続人の確定や名義変更手続き、相続税の申告手続き、不動産の鑑定額等に関する相談について、あるとグループに所属する弁護士、司法書士、税理士、行政書士等の専門家が初回のご相談から同席させていただきます。

相談事項が異なる都度、同じ説明を何度も繰り返さなければならないというようなお客様のご負担を軽減し、各種手続きをスムーズに進めることを最優先に考えたワンストップ・サービスをご提供いたします。

step1

相続の開始

被相続人の死亡と同時に相続が開始し、7日以内に死亡届の提出が必要です

step1

遺言書の確認

自筆証書遺言は家庭裁判所で検認手続きが必要となります

step1

相続人の確定

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本など司法書士がサポートいたします

step1

相続財産・債務の調査

相続放棄・限定承認は相続開始後3ヵ月以内です

step1

所得税・消費税の申告・納税

相続開始後4ヵ月以内に被相続人の死亡した日までの所得を税務署に申告します

step1

遺産分割協議

二次相続や納税方法についてアドバイスいたします

step1

遺産の名義変更手続き

不動産登記など司法書士がサポートいたします

step1

相続税申告・納税

相続開始後10カ月以内に税務署に申告します

相続手続きをトータルサポートいたします!

  • 依頼人
  • 依頼人
  • 依頼人

相続手続きは、税理士・弁護士・司法書士など様々な手続きが生じ、
誰に何を頼めばいいのかわからない方が多いと思います。
あると綜合事務所ならすべての手続きが窓口一つで完了いたします。

相続税の計算方法

相続税は、被相続人から受け継いだ財産の評価額が、基礎控除額を超える場合にかかる税金で、相続開始後10カ月以内に申告・納税しなければなりません。

税理士法人あると会計社では、相続税を専門とする税理士が皆様の相続税に関する税務相談、節税対策立案、申告手続きをサポートいたします。

相続税の納税額は、申告をする税理士によって大きく変わりますので、相続税に精通している税理士を選定することが非常に重要となります。

 

相続税の計算方法は、まず財産の総額から非課税財産や借金等を差し引いて、課税財産額を出し、そこから基礎控除額を差し引いて、課税価格を求めます。さらにその課税価格を法定相続分にわけて、その額に応じた税率を当てはめ、相続人全員に係る相続税を求めます。最後に実際の分割に応じて按分し、各人の納税額が決定します。

相続税の計算方法

相続税の計算方法の流れ

相続税の計算方法の流れ

法定相続人数による基礎控除額(万円)

相続税申告が終わった方へ

相続税の見直し

過去5年以内に申告した相続税も見直すことで一部が還付される可能性があります。申告した相続税が高すぎると感じている方はご相談下さい。還付の可能性がある場合には更正の請求手続きなどをサポートいたします。

 

税務調査立会

申告後の税務調査に向けて、問題になる項目について事前調査し、税務調査への立会をサポートいたします。

 

二次相続・資産運用のお手伝い

相続後の不動産の資産活用や所得税の節税対策など、二次相続も視野に入れてサポートいたします。

業務案内

PAGETOP