MENU

ご挨拶|会計法務税務のご相談は東京新宿区のあると綜合事務所へ

ご挨拶

 

あると綜合事務所は、会計(Accounting)、法務(Legal)、税務(Tax)、さらに財務(Finance)、不動産(Real Estate)※を加えた5分野をコアに、それぞれのプロフェッショナルが一体となって、会計法務税務業務全般におけるベスト・プラクティスをトータルな見地から提供する綜合事務所です。

※ 各種資格法その他の特別法により一定に有資格者のみに免許されている業務は、当該免許保有者が受任します。

 

 

 

ビジネスのグローバル化やIT化を背景に、企業会計は新たな評価基準の導入が求められており、また証券化をはじめとする金融ナレッジを駆使した経営手法の拡大は、今日の企業環境に大きな変化をもたらしました。時代の変化に対応し、新たな企業価値の創造に取り組む企業をサポートする公認会計士や弁護士、税理士といった専門職には、より高度な専門的知識と、積極的な提案力が求められています。同時にまた、あらゆる段階における判断をより的確なものとし、業務実行の効率性を高めるためには、各々のエキスパートがオペレーション全体のゴールイメージを共有し、密接な繋がりをもって課題解決にあたることが不可欠といっても過言ではありません。

 

 

 

あると綜合事務所は、公認会計士事務所、弁護士事務所、税理士事務所の各機能がフラットなネットワークを結び、業務内容に応じて最適なチームを形成して、クライアントのニーズに応える革新的なコンサルティングサービスを提供します。各セクションはあらゆるプロセスでポリフォニック(重奏的)に参加し、必要なアドバイスを包括的に提供しています。また各種登記、許認可・申請業務についても、社内の司法書士、行政書士が即時対応できる法務部門をもつほか、金融機関出身者を主要メンバーとするFAS部門が、外部金融機関と密接なネットワークを構築してファイナンシャルサポート業務にあたります。

その組織形態は従来の分業的な業務提携とは一線を画し、専門知識を共有、相互活用することでダイナミックな発想と実行力を発揮する創造性あふれるフィールドであると自負しています。

 

 

 

当事務所の大きな特長は、クライアントの提示する個別課題に取り組むことに留まらず、会計法務税務に関連する業務に関してトータルにアドバイスし、ビジネス・スキームの構築からコンサルタントを行う提案型の綜合事務所であることです。私たちはクライアントのステージ、ストラテジー、オペレーションを分析した上で、マネジメントにとって最も意義ある方法でサービスの提供をいたします。

 

事務所案内

PAGETOP